新築一戸建て住宅の建築の流れと注意点

新築一戸建て住宅の建築の流れと注意点

新築一戸建て住宅の建築の流れと注意点 新築一戸建てでも、建売を契約して購入するのとは違って、注文建築をする場合には、一定の流れとともに幾つかの注意点があります。
まず、土地を持っていない場合には、家を建てるための土地を探さなければなりません。
これは、先に土地を購入する場合もあれば、新築一戸建て住宅をどの企業で建てるか決めてからのこともあるでしょう。
一般的に、大手の企業が売り出しをしている土地であれば、ほとんどが問題なく住宅を建てることが出来ますが、それでも地質調査などは必要となります。
その上で、どのような間取りにするかとか、どのような素材を使うかなどを決めるので、通常は入居まで1年くらいの期間を目安とすると良いでしょう。
ともかく、マイホームの建築は、一生に一度の大きな買い物ですから、後々失敗したと思わないためにも、土地の場所選びは一番重要な問題であると考えるべきでしょう。
また、予算は最初からしっかりと決め、ローンの手続きなども適切に進めましょう。

新築一戸建てができるまでの工事の流れー木造編

新築一戸建てができるまでの工事の流れー木造編 新築一戸建ての木造編が出来るまでの工期期間は2階建てなら約4ヶ月から6ヶ月が目安です。
1ヶ月から1.5ヶ月目までは現地確認や地盤調査、地盤改良に地盤補強工事などを行います。
それから地縄張りを行い、遣り方をします。
遣り方が終わると通常は地鎮祭をして、地盤を固めて防湿シートを敷きつけて捨てコンクリートを行い基礎工事をします。
基礎工事が終わると木材搬入をし土台敷きに入ります。
2ヶ月から3ヶ月目では、柱や梁など母屋の構造材を組み立てて最後に上棟式をします。
棟上げ後は柱などをボトルなどで固定し、それから屋根工事をします。
次に床下地工事と外装工事、内部下地工事を行います。
4ヶ月から6ヶ月目は、内部仕上げ工事に入ります。
それから配管接続に駐車場、塗装を行い外部工事をします。
全て終わると足場を外して、家具や建具、証明や設備器具を設置していきます。
新築一戸建ての工事終了後に施工会社の竣工検査をして完成です。
検査で不具合があるときは直して、問題がなければそのまま依頼主に引きわたします。