集合住宅の問題点

新築一戸建てにすむことで解決できる、集合住宅の問題点。

集合住宅の問題点 集合住宅というとマンションやアパートを想像しますよね。
上下左右に人が住んでいますので、音に配慮して生活しなければなりません。
特に上階に子供が住んでいる場合、マンションでもその足音は響きます。
木造のアパートになるとその足音はすさまじいです。
親が注意したり、音を吸収するマットをひいたり、すいませんの一言があれば良いですが子供だから仕方がないといった考え方の親ですと、毎日天井から足音が響きますのでイライラしてストレスになって精神的に病んでしまいます。
しかし新築一戸建てですと、自分たちだけが住む家ですので上下階には誰も住んでいません。
ですから足音に悩まされず静かに過ごすことができるので、近所トラブルも解決することができます。
他人の生活音が聞こえるのは自分の家であって家でない感覚になります。
うるさいと特に不愉快な気持ちになりますので、生活音や子供の足音に悩んでいる方は新築一戸建てに住むと良いでしょう。

新築一戸建てにはメリットもあるがデメリットもある

新築一戸建てにはメリットもあるがデメリットもある 新築一戸建ては建物と一緒に土地の所有もおこなう為、マンションと比べ資産価値が高く、騒音トラブルなどが少ないメリットがあります。
新築一戸建てのデメリットとしてはマンションと比べて耐用年数が短い点です。
またマンションの場合には維持管理を管理会社がおこない、管理会社が良好に維持管理を出来る経費を試算し、対応しておりますが新築一戸建ての場合には維持管理は個人でおこなう必要がある為、手間がかかります。
メンテナンスをしないまま放置しておくと建物の寿命の短命化につながってしまいます。
セキュリティ面でも新築一戸建てとマンションは異なっており、マンションは管理会社が業者と契約していることが多く、緊急時に利用することが可能になるが、一戸建てになるとセキュリティ面も個人での管理となります。
インターネットなどの通信設備も一戸建てとマンションとでプランが異なり、費用としては一戸建てプランの方が高額に設定されております。